女性特有の [悪癖 その12] 自分のレーダーで注意散漫になってしまう サリー・ヘルゲセン

女性特有の [悪癖 その12] 自分のレーダーで注意散漫になってしまう サリー・ヘルゲセン

女性特有の [悪癖 その12] 自分のレーダーで注意散漫になってしまう サリー・ヘルゲセンコーチングの神様が教える「できる女」の法則 サリーヘルゲセン著 より、女性特有の12の悪癖。
いよいよ最後の一つです。

毎週1つの記事を流していたので、約3か月ですね。
全てがあてはまるわけではないけど、男性社会でなんかうまく行かない~となった時に、解決の糸口が見えるのでは?と思っています😊

関連記事:
[悪癖 その1] 自分の実績をきちんと言わない
[悪癖 その2] あなたの仕事ぶりをほかの人が自然に気づいて報いてくれると期待する
[悪癖 その3] 専門性を過大評価する
[悪癖 その4] 人間関係を築くだけで活用しない
[悪癖 その5] 初日から協力者を得ようとしない
[悪癖 その6] キャリアより仕事を優先する
[悪癖 その7] 完璧主義の罠にはまる
[悪癖 その8] 喜ばせたい病
[悪癖 その9] 矮小化する
[悪癖 その10] やりすぎる
[悪癖 その11] 反芻する

 

コーチングの神様が教える「できる女」の法則
コーチングの神様が教える「できる女」の法則

 [悪癖 その12] 自分のレーダーで注意散漫になってしまう

女性の注意はレーダーのように働き、環境をスキャンし、広い範囲からヒントを拾い、その内容に注意を払う。男性の注意は、レーザーのように働き、集中して情報を順を追って吸収していく。

もちろんすべての人間は2つの間のどこかに入る。

脳科学者がfMRIを使ってこの能力について書いているのをサリーたちは見つけた。

女性の方が物事によく気付くと言われることが多い。
女性リーダーが得意とするところで、人間関係の細やかな関りが出来るのもレーダー思考のおかげだろう。

 

コーチのティラーが、大勢の前での反応で、レーダーが働いてしまうために、自分が話すことから集中力を欠いてしまうという例に、私はハッとした。

直前まで、何を質問しようか、何を話そうか明確に覚えているのに、いざ大勢の前に立つと、言葉が出てこない経験をたくさんしているからだ。特に真顔の人々を見ると、反応が起こりやすい。一人一人に対するレーダーが働き過ぎていたのだ。

周りを気にする時間ではなく、自分がやることにレーザーをあてていい時間なのだ。そういう時間があるのだ。

その後に書かれている、クリス・アージリスの話と合わせて、人前で緊張するというのは、そういう要素もあるのかと、妙に安心した。

解決策は、「リフレーミング」すること。余裕のある状態ではリフレーミングが出来るのだが、大きなグループの前でも、リフレーミングすることを忘れている。

インポスター症候群に陥ったり、完璧主義に陥ると、自意識過剰になり、人の目にどう映るかを気にし始めてしまう。

過剰なまでに反応するレーダーは、たんなる習慣でしかないというのは、ありがたいことだ。
それは深刻な性格上の欠点ではない。
永続的に神経回路がそう結びついたわけではない。あなたの人となりを示す、変えることのできないものではない。
本書に書いた他の11の悪癖と同様、いくつかの単純なツールを使って軽減できる習慣でしかない。

とても心強い言葉として、私に響く。

私は人生は自分を知る旅だと感じている。ビジネスや人を通じて、自分を見つめる時間を持つと、自分という人間をとてもおもしろく見ることができる。

 

遠慮せずに自分を出せること。能力を示せることは幸せだ。

12のヒントは一つずつ私たちへのエールとして受け取り、前に上にどんどん進んで行こう!

パーソナルコーチングについてもっと知りたい|リアンブルーコーチング舎
研修についてもっと知りたい|リアンブルーコーチング舎

women_empowerment_coachingカテゴリの最新記事