女性特有の [悪癖 その11] 反芻(はんすう)する サリー・ヘルゲセン

女性特有の [悪癖 その11] 反芻(はんすう)する サリー・ヘルゲセン

女性特有の [悪癖 その11] 反芻(はんすう)する サリー・ヘルゲセン

コーチングの神様が教える「できる女」の法則 サリーヘルゲセン著 より、女性特有の12の悪癖。
本日は、11個目は「反芻する」

関連記事:
[悪癖 その1] 自分の実績をきちんと言わない
[悪癖 その2] あなたの仕事ぶりをほかの人が自然に気づいて報いてくれると期待する
[悪癖 その3] 専門性を過大評価する
[悪癖 その4] 人間関係を築くだけで活用しない
[悪癖 その5] 初日から協力者を得ようとしない
[悪癖 その6] キャリアより仕事を優先する
[悪癖 その7] 完璧主義の罠にはまる
[悪癖 その8] 喜ばせたい病
[悪癖 その9] 矮小化する
[悪癖 その10] やりすぎる

 

コーチングの神様が教える「できる女」の法則
コーチングの神様が教える「できる女」の法則

 [悪癖 その11] 反芻する

いつも自分の誤りをあれこれ考え、公開する後ろ向きの体験は、反芻と呼ばれる。

過去を思い出して軌道を逸脱することは、男性でも起こるが、男性の場合は「誰かのせいにする」で完結し、女性の場合は、「自分自身を責め、自分の過ちを細かく分析する」と。

反芻して内省しているだけでは、将来に起こるリスクの備えは出来るが、未来に向かう時間は少なくなる。エネルギーも減る。

私の友人も、いつも学生時代のことを後悔していて、いつも過去を反芻している。
「そんなこと言ってないで前に進んだら?」と思うが、彼女の思考の癖なのか。

逆に前に進んでいる人が、内省しないこと、ちゃんと反省していないように見えるのも、これが原因ではないかと思えてきた。

一例として挙げている、ジーナが彼女のコーチ、ジュリーから受けた言葉は、男性社会にいる女性たちに役に立ちそうだ。

「なにおりもとても重要だったのは、私に、男性は前に進みます、と言ってくれたこと。
彼らも過ちを犯すけれど彼らはあまり気に掛けない。」

つまり、あまり気に掛けすぎたり、気を遣ったりしすぎることに時間を費やすよりも、さっさと反省して改善して前に進んでもいいということだ。

次のステージが待っているのだから。

パーソナルコーチングについてもっと知りたい|リアンブルーコーチング舎
研修についてもっと知りたい|リアンブルーコーチング舎

women_empowerment_coachingカテゴリの最新記事