自分のことをよく言ってくれる人だけ近くにいない?(論語・為政2-14)

自分のことをよく言ってくれる人だけ近くにいない?(論語・為政2-14)

自分のことをよく言ってくれる人だけ近くにいない?(論語・為政2-14)|リアンブルーコーチング舎

こんにちは。多賀です。

月曜日「論語とコーチング」です。

大きな台風が九州地方に上陸し、これから西日本に向かっていますね。
お住まいの方は大変だと思いますが、ご無事でありますように。


子曰わく、君子は周して比せず、小人は比して周せず。(Isei2-14)

===

先師が言われた。
「君子は、誰とでも公平に親しみ、ある特定の人とかたよって交わらない。小人はかたよって交わるが、誰とも親しく公平に交わらない」

===

エニアグラムのタイプ9のように、どんなタイプの人の話もよく聞くことができ、また自分にすり寄ってくる人やイエスマンだけでなく、自分を嫌煙する人でさえ排除しない。

自分と同じ考えや価値観を持つ人は、居心地はいいかもしれないが、大局を見逃す。

自分を嫌っている人にも公平に接するのは大変だろうが、それが出来るのが君子というよりも、そうしようと労力を出すのが君子なのかもしれない。

 

<論語とコーチング>
優れたリーダーは、自分をの価値観と異なる人でも、公平に能力を認めながら関わることができるが、そうではないリーダーは、自分の価値観に合う人や自分のことをよく言ってくれる人だけを大事にする。

~もうひとりの全く逆の意見を持つ君とともに~

パーソナルコーチングについてもっと知りたい|リアンブルーコーチング舎
研修についてもっと知りたい|リアンブルーコーチング舎

論語カテゴリの最新記事