充実した一日を過ごすための秘訣(学而1-4)

充実した一日を過ごすための秘訣(学而1-4)

充実した一日を過ごすための秘訣(学而1-4)

 

曽子曰(いわ)く、われ日にわが身を三省す。
人のために謀りて忠ならざるか、
朋友と交わりて、信ならざるか、
習わざるを伝うるか     (Gakuji1-4)

=========

曽子先生が言った。

「私は毎日、3つのことを省みている。
人のために一生懸命、力を尽くしただろうか、
友人との関りで、嘘なく、また信頼していたか、
自分の腑に落ちていないこと、本当に理解していないことを教えていないか」

=========

井波律子氏の「完訳 論語」には、「他者、友人、後輩」それぞれを対象とした言葉であると記されている。

職場で言えば、「お客様、同僚、部下・後輩」といったところだろう。

たった3つのことだけを一日の終わりに思い出し、振り返る。
それだけでも、充実した一日を過ごすための秘訣になると思う。

省みるというのは、省くという意味もある。
よくないことは省き、出来たことは認めていこう。

余談だけど、一時期私はこの3つをひたすらやっていこうとしていた。
その時は、3つ目の「習わざるを伝うるか」を「自分が実践・体験していないことを伝えていないだろうか」と読んでいた為、研修の仕事をやっていくのが、辛くなってしまった。
お伝えしていることを、全て実践しようとしても物理的にまた環境的にも不可能なことも多い。

そこで、これは理解の段階でとどまっているものか、実践していることなのかは、明確に区別するようにした。
あたかも、日頃からすべて完璧にやっているから、伝えている。という言い方だけはしないようにしようと。

論語は、時としてとっても厳しく自分に突き刺さる。。。
が、論語の中の登場人物も「こうありたい」と願い、少しずつやっていたんじゃないかなぁと思うと、また親しみを感じる。

 

ちなみに大手書店「三省堂」はこの論語から付けられた。「有隣堂」も「徳は孤ならず、必ず隣あり」から。

私達の生活に溶け込んでいる。

 

~もうひとりの全く逆の意見を持つ君とともに~

パーソナルコーチングについてもっと知りたい|リアンブルーコーチング舎
研修についてもっと知りたい|リアンブルーコーチング舎

論語カテゴリの最新記事