ただいま、HP更新中です。2020.04.20

もっとも有名な、一番めの論語(学びて)

もっとも有名な、一番めの論語(学びて)

コーチングでは、「ありたい自分の姿」を目指します。


最初は「ありたい姿」に気づかずに「なりたい姿」を追いかけても、やっていくうちに、「なりたい姿」と「ありたい姿」がだんだんと一致してきて、「ああ、自分はこうありたいんだ!」とわかる瞬間がきます。


一方で、コーチングでは「知ってる」と「出来る」の溝をどれだけ埋めることが出来るか?が命題でもあります。

だから、実践してこそ意義がある。


そこに2500年前から、みんな引っかかっていました。それほど、この溝を埋めるのは大変なことなんですね。

でも、この溝が少しでも埋まったらすごいこと!

だから、ちょっと続けられなくても、何度でもやり直していこう。

===


孔子先生はおっしゃった。
人格にすぐれた上司や先輩や後輩、お取引先・お客様、はたまた本やテレビ、インターネットなどから得た、自分を磨くための知識を実際に使ってみて、自分のものできる
なんと喜ぶべきことじゃないかな。

子曰(のたま)わく、学びて時に之を習う、また説(よろこ)ばしからずや。(Gakuji1-1-1)

ブログカテゴリの最新記事