なぜ今世間は、ジェンダーに騒がしいのか

なぜ今世間は、ジェンダーに騒がしいのか

東京オリンピック、開幕式だけど世間は静か。

ここ最近騒がしいといえば、なにかと世間がジェンダーに騒がしい気がする。

その一番の原因は何のことはない。私のアンテナがそこに向いているからだ。

今まで多くの情報が流れていたのに、アンテナがなかったので、受信してなかった(笑)

それが一番の理由だけど、確かにオリンピックの森発言、

都立高校の合格点数男女差というニュースや

週刊東洋経済の「会社とジェンダー」特集と目につくことが多くなったのも、確かである。

それだけ、女性活躍とジェンダーの問題は日本にとって「待ったなし」だと。

そしてこのコロナによる社会習慣や構造の変化は、それを起こす最後のタイミングだと。

そんな風に動いている気がするのだ。

つまり、このことは、男性たちの未来にも大きく関わってくることで、

単純に男性の役職枠がなくなるとか言っている場合ではない。

そもそもの役職枠が、なくなるのだ。

やらなければ国全体が衰退していく可能性があるのだから。

だから今のうちに、そういったことに慣れてね。あまり反応しないでね。

みんなでこの言葉に慣れようね。

女性も男性もどっちが優位とかいう意識を変えていってね。

と言っている気がする。

 

とまあ、今日はこんな感じで、祝日なので軽めのログで。

女性活躍カテゴリの最新記事