【本レビュー】仕事も人生も自分らしく イマドキ女性管理職の働き方(その1)

【本レビュー】仕事も人生も自分らしく イマドキ女性管理職の働き方(その1)

おはようございます。多賀です。

何度も書いているかもしれないが実は、私は女性の活躍だとか、女性活用だとか、

女性社会進出という言葉に苦手意識を持っていて、食わず嫌いだった。

 

食わず嫌いの女性活躍推進法

なにやらハイキャリアの方々からのありがたい教訓や、変えなきゃいけない行動や

思考が盛り込まれていて、これまでの自分の至らなさを直視されそうな気がして。

それはファッション誌を読んで、数十万円もする洋服やアクセサリーを紹介されても、

憧れるだけで、今の自分には手が届かないことを痛感させられる一方で、

そこまで手に入れる価値があるのかよくわからないなあ、

という困惑を得てしまうから、見ないでおこうという感覚に似ているかもしれない。

(これを書いていながら、私は頭が整理されているけど、伝わりづらいね)

 

さてさて、そんな中で毎年ジェンダー格差の世界順位だとか、女性の立場の改善だとか、

ニュースで目にすることが多くなり、ではいったい女性の活躍や働く女性の課題を

感情論ではなく、一度ちゃんと知ろうということで、最初に手に取ったのがこちらの本。

仕事も人生も自分らしく イマドキ女性管理職の働き方

bookイマドキ女性管理職の働き方

読んだ結果わかったのは、「おもしろい!」「もっと早く読むべきだった!」

本当に食わず嫌いだったことが、判明したのだった(汗)

 

こういった本を読むと時に、確認しているのは、

「どんな視点から、この課題について書こうとしているのか?」

つまり、「ジェンダー格差が日本は低い」「女性は損をしている」だけでなく、

もっと広い視野を持って、社会や経済に有益なことなのか?ということ。

こちらの本の書き出しは、

はじめに

働く女性の活躍を推進する法律「女性活躍推進法」が2016年に施行されて以来、

民間企業では「優秀な女性を登用しよう」「女性管理職を増やそう」という機運が

一気に高まりました。

「仕事も人生も自分らしく イマドキ女性管理職の働き方」麓幸子 著

「女性活躍推進法」で決まったから、女性管理職が増えるので、準備しておこうね。

管理職になったあなたは、こうしようね。という視点で書かれている。

そして、その理由もきちんと書いている。

政府はなぜ、こんなにも女性活躍を勧めるのでしょうか?

それはまず、働き手が今後圧倒的に足りなくなるという問題にあります。

「仕事も人生も自分らしく イマドキ女性管理職の働き方」麓幸子 著

迫りくる人口減少という視点。

確かに、私の周りでも「人手が足りない」「技術職でも応募してくるのは女性が多くなった」

という話を耳にするようになった。

企業が長期存続を求め、30年後40年後を考えたら、今から着手しておかないと、

そうなったからと言って、急に変われるものではない。

まずこの本から、人口減少→働き手不足→女性推進 を確認でき、

私にとって、納得のいく一つの理由が、まず得られた。

 

それ以外にも、まだまだ何も知らない私には、教えてくれることがたくさんあった。

長くなったので、

続きは【本レビュー】仕事も人生も自分らしく イマドキ女性管理職の働き方(その2)で。

 

女性活躍カテゴリの最新記事