【本レビュー】女性が管理職になったら読む本 ―「キャリア」と「自分らしさ」を両立させる方法(その1)

【本レビュー】女性が管理職になったら読む本 ―「キャリア」と「自分らしさ」を両立させる方法(その1)

こんにちは。多賀です。

本日のレビューは、スイスのビジネススクールIMD教授、ギンカ・トーゲル氏の著書

女性が管理職になったら読む本 ―「キャリア」と「自分らしさ」を両立させる方法

タイトルは、「女性が管理職になったら~」 になっているが、

私は5年以上の社会経験を積んだ女性には、ぜひ読んでほしい

与えられた仕事を一生懸命身に着け、後輩指導の経験も積み

管理職ではないけど責任を得て、自分の判断で仕事できてくる頃だと思うからだ。

そして、そろそろ感じ始めるはず。

「私、このままやっててどこまで行けるのかな?」とか、

「すごく頑張ってやってきたけど、この先も同じようなパワーを出し続けなきゃいけないの?」と。

そんな思いが浮かんだら、ぜひこの本を手に取って欲しい。

 

ギンカ・トーゲル氏は、昨日のブログにちょっと名前を出したが、

麓幸子さんの著書「仕事も人生も自分らしく イマドキ女性管理職の働き方

の中で紹介されていたので、早速手に入れて読んでみた。

(昨日のブログ【本レビュー】仕事も人生も自分らしく イマドキ女性管理職の働き方(その2)

 

トーゲル氏の書き出しは、以下の通り。

「男性のように振る舞う」という落とし穴

責任のある仕事に就いたとき、あるいは着くことになったとき、女性の多くは、「リーダーシップを発揮して組織を引っ張っていくためには、男性のように振る舞わなければならない」という思い込みに駆られているようです。

「女性が管理職になったら読む本 -「キャリア」と「自分らしさ」を両立させる方法」

この書き出しだけでハッとした。

まさしくコーチングを伝えていたにも関わらず?! 今まで私が感じていた

リーダーシップに対する違和感を、言い得てくれたし、ギンカさんがこれまでに

出会ってきたの女性たちの多くも、同じように感じていたんだと思うと、

すごく安心した。

 

いったい、どれくらいの女性たちが「男性のように振る舞わなくてはならない」呪縛に、

苦しんできたんだろう? 自分では、もう感じなくなっているくらいに。

そして、そんな女性管理職を見て、後輩女性たちは悪げなく言うのだ。

「あんな風にはなりたくない」

かつての私もそうだった。だから、半分はこれまでずっと逃げていたんだと思う。

植田寿乃さんが言っていた「企業戦士 ガンダム女」という言葉に、

いい表現するなー、と感心する一方で、そう評された彼女たちの哀しさも感じていた。

でも、どうしていいのかわからなかった。

 

それを「真似しなくていいだよ」と言ってもらえて、安心したのだ。

さらに、

「女性的な資質こそ、いまリーダーに求められている」

「女性が管理職になったら読む本 -「キャリア」と「自分らしさ」を両立させる方法」

とは、なんと恵まれているんだろう。

企業戦士 ガンダム女をやってくれた先輩方、本当にありがとうございます。

 

話がずれてしまったが、この本は落とし穴にはまっている、

または、はまりそうなあなたを救ってくれる1冊だと思う。

 

続きは、明日の記事で。

女性活躍カテゴリの最新記事