社員に動いてもらうために(学而1-5)

社員に動いてもらうために(学而1-5)

子曰(のたまわ)く、千乗の国を道びくに、
事を敬して信、
用を節して人を愛し、
民を使うに時を以てす。 (Gakuji1-5)

=========

孔子先生が仰った。

国を治めるには、
物事を慎重に行って信頼を得、
無駄遣いをせずに、人を愛し、
住民に手助けしてもらう時は、農閑期など時季を考えて行う。

=========
大きな組織で考えたとき、社員を動かすためには、
思いつきで動くのではなく、まず周りにその考えを幾度となく伝えながら、
なぜそうしたいのか、どんなビジョンを目指したいと思っているのかを
理解してもらい、それについての意見も聴きながら信頼をつくろう。費用は組織が動くために必要な分を使い、どんな性格の人でも愛す。社員が動ける状態にあるのか、進むためのエネルギーは足りているのかを
よく観察しながらフォローしていこう。

~もうひとりの全く逆の意見を持つ君とともに~

論語カテゴリの最新記事